アプリケーションエンジニアの定年

生涯を現役で働ける仕事として、アプリケーションエンジニアがあります。
この資格は現在は名称を変えていますが、同じものです。なお、求人自体はいろいろな企業でありますが、システム開発以外でも大企業が主に採用を行う傾向があります。
システム会社などに委託せずに自社でシステム開発を行うところなど、外部に情報を出したくないところが自社開発する上でこの資格を有する人を採用する傾向があるとされる他に、クライアントに対してシステム開発、設計、構築などを手掛ける場合が見受けられる仕事です。

なお、このアプリケーションエンジニアは資格の名称であるため、この資格を有する人は生涯この関係の仕事を行うことが可能です。生涯現役で頑張る人も目立ち始めていますがあとは体力勝負となったり、後進に道を譲って管理職等として働く人もいるでしょう。

求人情報として出されるケースよりは口コミなどで採用を行う場合も多く、特に今までの実績で採用を決める場合が目立つとされています。新卒でも採用を行う場合がありますが、この場合はむしろ営業などとセットで売り込みをかけたいような場合に行うことが多くなる傾向です。
企業等で定年があるところでは、そこまで頑張り続ける人が今後は出てくるかもしれないとされていますが、むしろ管理職となって後進に道を譲る形になる場合もあります。今後この資格保持者が増えてくれば、様々な働き方が模索されていくそのような資格になると注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com